無料の会員登録をすると
お気に入りができます

脱力と筋力のバランスが肝「ワイルドシング」を攻略するコツ3つ

美容

「ワイルドシング」攻略のコツ

後屈だけでなく、ねじりの要素が加わっているのがポイント。腕だけで支えたり、胸や腰が落ちて横向きになっていると苦しいだけ。体側と両脚で強く支え、胸と腰は空に伸び上がる意識をプラスすると深いリラックスが。

まずは完成系のやり方をおさらいし、続いて3つのメソッドに分解して練習してみましょう!

ワイルドシングのやり方

1.右手と右足の外側を床についてサイドプランクに。右肩がすくまないよう肩甲骨は下ろし、脇の下の筋肉で体を支えて。
POINT:脇の下の筋肉で支える

photo by  IKKEN

2.左足を後ろの床につき、しっかりと上から踏み込む。右足も足裏方向に床を押す。体幹を使って腰を落とさない。

体幹

POINT:上から床を踏む

photo by  IKKEN

3.左手を頭上に伸ばし、胸と腰を左にねじってしっかり空へ向け、全身を伸びやかに。頭は重力に預けてリラックス。
POINT:胸と腰を上へ向ける・首は自然に下げる

ワイルドシング/photo by  IKKEN

1.「魚のポーズ」で力まず引き上げ続ける胸や首の使い方を練習

頭を預けて余分な力みを解き、肘で上体を押し上げることで胸や首の前面を自然と伸ばせるポーズです。完成形に大切な首と胸の開き、深い呼吸とともに解放感を味わいましょう。

やり方

1.仰向けになり、両手のひらを下にしてお尻の下に敷く。手の位置はなるべく腿の近くに敷いて、肩甲骨は寄せておこう。
POINT:肩甲骨を寄せる

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ