無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“外食自粛”対策はコレ! “自炊がラクになる野菜カットテク”教えます

料理のたびに野菜を切るのって、時間がかかって結構大変ですよね。そんな時は、1回の料理で野菜を多めに切っておいて、次の料理の時にラクしちゃいましょう! 今回は、よく使う野菜のベストな切り方・保存方法と時短に役立つおすすめアイテムをご紹介します。ちょっとした工夫で自家製カット野菜が常備でき、ご飯づくりの時間が短縮できてラクになりますよ。

レシピ

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『LDK』2020年3月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

“頑張らないけど手抜き感ゼロ”で晩ごはん作りをラクにしたい!

毎日の晩ごはん作りって、面倒なことが多すぎませんか?

家族の好き嫌いやお昼ごはんの兼ね合いを気にしながら献立を考えたり、時間がない中で買い物へ行ったり。ようやくごはんを作り終わったと思ったら、洗い物が待っていたり……。

掃除や洗濯はもちろん、子育て、パートや仕事など毎日バタバタしているのに、晩ごはんまで頑張るなんて無理! というのが本音です。

そんな面倒な晩ごはんづくりをできるだけラクに終わらせられるような、頑張らないけど手抜き感も出さない方法があったら嬉しいですよね。

登場回数の多い野菜をついで切り自家製カット野菜を作ろう!

よく使う玉ねぎや葉物野菜など、料理のたびに切るのって面倒ですよね。余裕があるときに野菜を多めに切って保存しておけば、毎回切らずに済みますよ。副菜やスープの具にちょっと使いたいときにもサッと使えて便利です。

そこで今回は、調理時間が大幅に短縮できる野菜の切り方や保存方法をご紹介します!

玉ねぎは薄切りとみじん切りで 冷凍すれば更に使い勝手よし!

たまねぎは3個入りで売っていることが多いですよね。例えばその日に2分の1個を使うなら、1個は切らずに残しておいて、残りの2分の1個ともう1個は、それぞれ別の切り方で冷凍保存しておくと良いでしょう。

▼切り方1 薄切り

残ったうちの1個は薄切りにしましょう。

薄切りは使う料理の幅が広く、火が通りやすいです!

冷凍保存もしやすく、解凍後の火の通りも早いです。調理時間も短くなりますよ。

▼切り方2 みじん切り

残った2分の1個はみじん切りにしましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ