無料の会員登録をすると
お気に入りができます

作り置きダイエットのやり方を管理栄養士が解説!ヘルシーおかずのレシピ付き

レシピ

作り置きでもダイエットができるって本当?

日持ちのする料理をまとめて作っておく、作り置き。すぐに食べられるおかずが常にある状態となるため、食事を減らすイメージのダイエットとはかけ離れているように見えるかもしれません。しかし実は、作り置きはダイエットにとても向いているんです!後ほどご紹介しますが、作り置きをダイエットに活用すると、さまざまなメリットが得られます。

一方で、どんなメニューでもダイエットできるわけではありません。食材や調理法を工夫して、カロリーを抑えたヘルシーなものを作り置きする必要があります。

作り置きダイエットに活躍!おすすめのレシピ10選

1. たっぷりきのこのしょうが味噌

Photo by macaroni

食物繊維が豊富なきのこをたっぷり使うひと品。おかずになるだけでなく、肉や魚のソテーにソースとしてかけるのもおすすめです。

食物繊維は糖の吸収を穏やかにし、血糖値の急上昇を抑えることで太りにくくする働きがあります。また食物繊維は噛みごたえがあるため、満腹中枢が刺激され満足感が得られやすいのも特徴のひとつです。(※1)

レシピはこちら|macaroni動画

2. ブロッコリーとうずらのピクルス

Photo by macaroni

油を使わないピクルスは、カロリーを抑えた副菜が欲しいときに活躍しますよ。むずかしい工程がないので気軽に作れます。ブロッコリーは食感を残すため、さっとゆでることがポイント。噛みごたえがあると満腹を覚えやすくなります。(※1)

レシピはこちら|macaroni動画

3. 切り干し大根ナポリタン

Photo by macaroni

煮物のイメージが強い切り干し大根ですが、実は洋風にもアレンジ可能!こちらはナポリタン風に仕上げるレシピです。汁気が少なく、普段のおかずだけでなく、お弁当にもぴったり!ピーマンや玉ねぎも混ぜれば、野菜がたっぷりとれます。

切り干し大根は常温で保存が効くうえ、糖の吸収をおだやかにする食物繊維が豊富。ダイエット中のストック食材におすすめです。(※1)

レシピはこちら|macaroni動画
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ