無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[魚料理がもっと身近に!]イワシの魅力とアレンジレシピをご紹介

レシピ

みなさん、イワシはお好きですか?そのまま料理に使うのはもちろん、ちりめんじゃこや煮干しとして使ったり、時には手軽に缶詰を利用したりと、その使い道は無限大!私たちの食生活において欠かせない存在のイワシは、栄養たっぷり、そしてお財布にも優しいうれしい食材なんです。今回は、そんなイワシの魅力とおいしいレシピをご紹介いたします。

みなさん、イワシはお好きですか?そのまま料理に使うのはもちろん、ちりめんじゃこや煮干しとして使ったり、時には手軽に缶詰を利用したりと、その使い道は無限大!私たちの食生活において欠かせない存在のイワシは、栄養たっぷり、そしてお財布にも優しいうれしい食材なんです。今回は、そんなイワシの魅力とおいしいレシピをご紹介いたします。

イワシってどんな魚?

種類は主に3種類!

日本で流通しているイワシは、主に3種類。マイワシ、ウルメイワシ、カタクチイワシの3種類があげられます。スーパーや魚屋などで多く見かけるのがマイワシです。3種類の中で最も大きく育つイワシで、様々な料理に使われます。

ウルメイワシは主に干物に利用され、カタクチイワシは煮干しやしらす、ちりめんじゃこといった加工品に使われています。

梅雨から夏にかけて旬のイワシは、栄養たっぷり、そしてお財布にも優しい魚で、食卓の強い味方。梅雨の頃のマイワシは「入梅イワシ」とも呼ばれています。ぜひ、これからの時期に取り入れてみてほしい食材です。

もっと知りたい!イワシの栄養

良質なたんぱく質

イワシには、私たちの身体を作るのに欠かせないたんぱく質が含まれています。筋肉をしっかりつけることで代謝アップにつながりますし、美しく健やかな肌や髪の毛を作るためにも欠かせない栄養素です。

DHA&EPA

イワシには、n-3系脂肪酸(オメガ3)が豊富に含まれています。DHA(ドコサヘキサエン酸)は脳の働きをよくする働きが、そしてEPA(エイコサペンタエン酸)は、血液をサラサラにし、動脈硬化を予防する働きが知られています。動脈硬化を防ぐことで、脳血管疾患や心疾患の予防にもつながっていきますよ。

【管理栄養士が解説】メタボや認知症予防にも!毎日の食事に「魚料理」を取り入れるコツ

カルシウムもたっぷり

イワシには、骨や歯などを丈夫にしたり、イライラを抑える働きのある「カルシウム」もたっぷり含まれています。特に、丸ごと食べられる煮干しやちりめんじゃこはカルシウム補給にぴったり。

そして、イワシにはカルシウムの吸収を促進するビタミンDも豊富に含まれている点も注目ポイント。効率よくカルシウムを摂取できる、うれしい食材です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ