無料の会員登録をすると
お気に入りができます

月経カップ、実際どうなの?使用歴3年の私が感じたこと

生理痛、ナプキンの使い勝手や肌荒れなどのトラブルやタンポンの使用上の安全性… 女性にとって月経は様々な悩みの種を生み出します。そんな女性を悩ませる厄介な月経。その月経期間を少しでも楽に快適に過ごすための生理用品が「月経カップ」です。

ライフスタイル

月経の悩み...みんな何かしら抱えている。

Photo by Polina Zimmerman on Pexels

月経の代表的な悩みと言えば、「月経痛」や月経前の不調PMS(月経前症候群)など。実はその他にも、ナプキンを変える面倒さ、経血漏れ、臭いなど様々な悩みなどを多くの女性が抱えています。

月経は何のためにあるのだろう

月経の役割は女性だけが経験することのできる大切な過程。筆者自身、現在4歳になる娘を妊娠するまでに妊活をしていた期間、いかに月経が人間にとって大切なことなのかということを実感しました。

出産を経て月経痛が軽くなったり、ヨガを中心とした生活習慣や身体の改善計画を通して、経血量が少なくなったりPMSが軽くなったりと月経との付き合い方は、ここ3年間で大きく変わりました。

それでも相変わらず月経が来ると面倒だなと思ってしまう私がいて、何とも言えない複雑な気持ちを抱いていました。

そんな私を救ったのが「月経カップ」でした。

月経カップで生理が快適に!月経カップとは

Photo by Polina Zimmerman on Pexels

月経カップは生理用品のひとつ。リユースできる月経カップは、エコ先進国の欧米諸国の女性たちの間では必需品と言ってもいいほど。英語ではMenstrual cupと言います。menstrualは生理の意味。その他にもDiva cupと呼ばれたりします。

月経カップは鈴のような形をしていて、それぞれ自分にあったサイズを選ぶことができます。タンポンのように体内に入れて経血をためることを可能に。ブランドによりますが、最長で12時間まで体内で経血をためることができます。

月経カップのメリット

最長12時間まで使用可能

経血量にもよりますがナプキンやタンポンは、数時間おきに替える必要があります。メーカーにもよりますが月経カップは最長で12時間使用可能のものもあります。(筆者が愛用しているFreedom cupは10時間)

また、体内に経血をためておくためナプキンによる蒸れ、かぶれ、かゆみなどの心配もなく、臭いを気にする必要がありません。

ヨガ中も安心

月経期間中は生理痛や腰痛などを緩和するためにも適度にヨガをすることはおすすめです。ただし、漏れが気になり躊躇する方も少なくありません。月経カップを使用すれば、使用方法をしっかり守れば漏れることもありません。筆者は月経期間中もヨガはもちろんのこと、筋トレをしても漏れトラブルなどに見舞われたことはありません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ