無料の会員登録をすると
お気に入りができます

布団の収納方法まとめ!かさばる布団をすっきり整理するアイデアをご紹介

インテリア

普段皆さんは布団をどのような方法で整理、収納していますか。ただただ畳んでしまっているだけで布団を傷めたり、いざ使いたい時に取り出しにくかったりしていませんか。

布団の湿気を逃がして、収納を楽にしてくれる方法ですよ。

すのこを使った布団の収納方法

布団を畳むのが毎回面倒な方には、畳まない収納方法をご紹介。

敷布団の下にあらかじめ、立てて置けるすのこをセットして布団を敷く方法です。

起きたら、掛け布団や枕をよけて敷布団をすのこに乗せたまま自立させれば完了です。

同時に布団の湿気を逃がしてくれる優れ物ですね。寝る時はまたこのまま寝かせてシーツや毛布を掛けるだけですよ。

直置き布団をおしゃれに見せる方法

一人暮らしの方やあまり来客が無い方は、そのまま布団を直置きしたままでも布団が綺麗に畳まれていれば整理したように見えます。

その方法は、布団カバーや枕カバーを統一しておくことです。色がまとまっていると整理したように見えます。

カバーの色はインテリアのカラーに合わせると馴染みやすくおしゃれに見えるので、収納場所が少ない方におすすめな方法です。

収納アイデアと方法☆IKEAを使った整理の仕方

IKEAでおすすめする布団収納の方法

IKEAの中で布団整理におすすめの物はSKUBB(スクッブ)を使った収納方法です。

一番大きいスクッブを使ってシングルの羽毛掛け布団1枚入れているそうです。

羽毛掛け布団や枕などの圧縮したくない寝具を、潰しすぎないで収納できますね。

同じ大きさのスクッブを重ねると整理がしやすいので、整理が苦手な方にもおすすめな収納方法です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ