無料の会員登録をすると
お気に入りができます

風水的に良い鏡の位置やデザインは?運気が上がるレイアウトやフレームの色を紹介!

インテリア

風水において強力な開運グッズとして広く使われている鏡。風水では「火」の運気を持つといわれていて、陰の強い場所に置くことで悪い気を跳ね返し、良い運気を呼んでくるそうです。

フレームの色は、金運に効果のある黄色や女性の運気全般を上げてくれるピンク色を選んでみましょう。

また、玄関の鏡が運気アップに効果的と聞くと、左右どちらにも付けたくなるものですが、風水で合わせ鏡は、気が乱れて運気が下がるといわれているので、どちらか一方にしましょう。

玄関扉の正面の鏡は良い気を跳ね返す

風水では、玄関扉の正面には鏡を置かないほうがいいとされています。これは、玄関から入った良い運気を鏡が跳ね返してしまうと考えられているからです。

玄関の左側、右側はそれぞれ金運・恋愛運、仕事運アップに繋がるので、鏡を置く場合は左右に配置すると◎です。

もし賃貸などで移動が困難な場合は、鏡にカバーや観葉植物を置いて鏡の効果を下げると良いですよ。合わせ鏡は気の滞留を招くので注意が必要です。

リビングの鏡の風水効果

風水ではリビングに姿見を置くと運気アップ

リビングの鏡は気の流れを良くするといわれています。風水の理想は、床から天井までの大きな鏡ですが一般的なお宅に置くのはちょっと現実的ではありません。

全身が映るくらいの姿見ならインテリアとしても違和感なく馴染みますよ。このときに気を付けたいのが、全身がきちんと映るサイズのものを選ぶこと。

頭や足など体の一部が切れてしまう鏡は、運気を悪くしてしまうので注意しましょう。

リビングの鏡は北の方位が運気アップに良い

鏡は置く方角をどこにするかでも運気が変わってきます。家族だんらんの場所であるリビングに置くなら、全体運をアップしてくれる北側がおすすめです。

また、西側の鏡は金運アップ、東側は家族運や成長運、南側は恋愛運や人間関係運に効果があります。

こう聞くとリビングの色々な場所に鏡を置きたくなりますが、鏡を置くときは、一部屋に1つが基本。それ以上置くと気が乱れて運気が悪くなることがあります。

風水では鏡に映る場所に植物を置くと良い

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ