無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お鍋なんて使いません♡コクうまジューシーな簡単大根レシピ10選

甘くて柔らかい旬の冬大根を使ったジューシーな大根料理を簡単調理で楽しんでみませんか?レンジとフライパンを使えばお鍋でコトコト煮なくても絶品ですよ。コクのある材料や調味料の旨みがたっぷり浸み込んだ柔らかジューシーな大根料理を堪能できる簡単レシピをご紹介します。

2017年10月
レシピ

冬大根はお鍋要らずでジューシー絶品

寒くなる頃に旬を迎える冬大根は、夏大根よりみずみずしく甘みがあってジューシー。煮込み料理が代表的ですが、時間がないときは難しいですよね。レンジとフライパンを上手に使った簡単調理で手軽に楽しみましょう。

Media?size=l
instagram.com

大根料理は下茹でが必要なことが多いですが、レンジを使えば短時間で簡単に済ませられます。薄切りならフライパンで炒めるだけで絶品です。肉類や調味料の旨みがたっぷり浸み込んだ大根を味わい尽くせますよ。

簡単調理でジューシー!大根レシピ

①大根のジューシーはさみ焼き

instagram.com

豚ひき肉の旨みをたっぷり吸い込んだジューシーな大根料理です。レンジで5分加熱した大根に肉だねを挟み表裏5分ずつ蒸し焼きするだけで、箸がすっと入る柔らかさ。コクのあるバタポン味もたまりません。

大根のジューシーはさみ焼き

②大根としいたけの塩昆布煮

instagram.com

驚くほど簡単に深みとコクのある風味豊かな煮物が作れるレシピ。具材を食べやすい大きさにカットするだけで下準備完了!耐熱ボウルに材料を入れながらレンジ加熱していくだけで柔らかく美味しく仕上がります。

大根としいたけの塩昆布煮

③豚バラと大根の甘辛みそ炒め

instagram.com

豚バラ肉と炒め合わせたこってりジューシーな大根料理です。レンジ加熱5分とフライパン調理だけで、甘辛味噌ダレと豚バラ肉が絡んだ美味しい一品が作れます。男性や子供にも人気の高い味付けなので夕食用にどうぞ。

豚バラと大根の甘辛みそ炒め

④フライパンで10分!豚バラ大根

oceans-nadia.com

老若男女問わず大人気の豚バラ大根がフライパン調理10分だけで作れるレシピ。大根と豚バラ肉を切ったらフライパンで炒めていくだけなので簡単ですよ。冷めてから温め直しても絶品なので作り置き用にもどうぞ。

フライパンで10分!豚バラ大根

⑤大根とこんにゃくのおかか煮

oceans-nadia.com

大根とこんにゃくを炒め煮し生姜入りの和風醤油味に仕上げた大根料理です。味付けには、手軽で便利な麺つゆと生姜チューブを使います。フライパンひとつで美味しく煮上がり、冷めても味がしみて美味しいですよ。

大根とこんにゃくのおかか煮

⑥とりももと大根のオイスターソース煮

www.lettuceclub.net

大根の葉まで美味しく楽しめる鶏もも肉と大根の煮物レシピ。フライパンで鶏もも肉を焼いてから大根を加えて炒め煮していきます。オイスターソース味のタレがしっかり浸みているので、ご飯がどんどん進みそうですね。

とりももと大根のオイスターソース煮

⑦手羽中と大根のこってり煮込み

www.lettuceclub.net

レンジ加熱とフライパンだけで旨みとコクのある柔らかジューシーな大根煮が簡単に作れるレシピ。鶏の手羽中は小ぶりで味が浸み込みやすく簡単な大根料理におすすめですよ。カレー風味で食欲をそそる味付けです。

手羽中と大根のこってり煮込み

⑧ガリバタ大根

oceans-nadia.com

大根だけで箸が止まらなくなる一品が作れる便利なレシピ。フライパンで焦げ目がつくまで焼くと調味料がじゅわっと大根に素早く浸み込みます。ガリバタ醤油にブラックペッパーを加えた味付けも絶品です。

ガリバタ大根

⑨大根ステーキ

cookpad.com

レンジ加熱で柔らかくした大根をステーキ風に焼き和風調味料を絡めたレシピ。大根の美味しさをたっぷり堪能できる主役級のボリュームおかずです。時短調理でも美味しくて満足できる一品になりますよ。

大根ステーキ

⑩大根香ばしステーキ

cookpad.com

柔らかジューシーな大根の上にとろけるチーズを乗せたリッチな大根ステーキ。大根ときのこを一緒に焼き上げるので香りも豊か。シャキシャキ水菜に乗せて海苔をトッピングすれば立派なメイン料理になりますよ。

大根香ばしステーキ

旬の冬大根を手軽に美味しく楽しもう

Media?size=l
instagram.com

冬大根は簡単調理するだけでお口の中で柔らかくジューシーにとろけます。こってり系の煮物を短時間で作りたいときも「レンジ加熱+フライパン」で挑戦してみてくださいね。手軽に美味しく大根料理を楽しみましょう。

記事に関するお問い合わせ