無料の会員登録をすると
お気に入りができます

部位で味が違う?長ネギの5つの切り方をマスター![冷凍方法付き]

レシピ

和食から中華まで、いろいろな切り方でレシピに登場する「長ネギ」。実は部位によって味が違うのをご存じですか?今回は長ネギの5つの切り方や、切り方別のおすすめ料理をご紹介します。便利な冷凍保存の方法も要チェック!

donguri

3. 広げるようにまな板に置いて、端から細く刻んでいく

Photo by donguri

4. 5~10分ほど水にさらす

Photo by donguri

▶作るときのコツ

白髪ネギを水にさらすのは、辛味をとるのではなく歯ごたえを良くさせるため。使う部位がどこでも、省略せずに行いましょう。氷水を使うか、水にさらした状態で冷蔵庫に入れるとシャキシャキ感がアップします。

ぶつ切りの切り方

Photo by donguri

決まったサイズはなく、料理にあった適当な大きさで切ることを「ぶつ切り」と言います。形が崩れにくいので炒め物に合う切り方ですが、軽く焼き目をつけてうどんや蕎麦などの汁物にトッピングされることも。焼き鳥のようにじっくり炙ると甘みが良く出て、長ネギ本来のおいしさが堪能できます。

▶作り方

好きな大きさに切り分ける

Photo by donguri

斜め切りの切り方

Photo by donguri

ぶつ切りとほとんど変わりませんが、斜めに切った方が火の通りが早くなる効果があります。また、動かすと長ネギの形が崩れてばらばらになってしまうので炒め物には向いておらず、鍋や煮物などあまり触らず調理できるものに適しています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ