無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[座談会]3人のカレー愛者が集結!日本のカレーに思うこと。

レシピ

日本三大ラーメンといえば、札幌・喜多方・博多。餃子は、宇都宮・浜松・八幡。

じゃあ、カレーは?

ラーメンも餃子もカレーも、海を渡ってやってきたグルメ。どれも日本の国民食なのに、カレーだけに地域性がないのは思えば不思議なこと。強いて言えば、インドカレーや欧風カレー、和風カレーに分類はできるけれど、ちょっと違う。

“日本のカレーは、各地で独自の進化ができるはず”。そんな旗印の下、カレーを愛して止まない3人のプロフェッショナルが集いました。スパイス貿易商のシャンカール・ノグチさん、MENSHO代表でラーメンクリエーターの庄野智治さん、そしてカレープロデューサーとしても活躍するフードブロガー・カレーマンさん。日本固有の“だし”の風味を前面に押し出した「だしカレー」の開発に携わったお三方です。

「だしカレー」についてはこちらから| CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

彼らが目をつけたのは、だしとスパイスの意外な好相性。「組み合わせ次第で無限の可能性がある」と一致するみなさんですが、日本のカレーの未来に対してどのような青写真を描いているのでしょうか。プライベートでも仲良しだというお三方による、マニアックな座談会がはじまります。

カレーは人柄が出るもの

Photo by macaroni

ーーだしカレーのお話に入る前にそもそものお話なんですが、みなさんが思うおいしいカレーの条件ってなんですか?

(ノグチ)条件か……(笑)。いきなり難しい質問ですねぇ。

ーーすみません(笑)。

(ノグチ)それでいうと、つくった人の人柄がひとつですね。その人次第で味の良し悪しが変わってくるんですよ。ビーフカレーでも野菜カレーでも、つくり手が一緒だと不思議と同じような味になるんですよね。だから、僕はその人の持っている味わいが好きなんですよね。自分がやったとしても人柄が出ると思います。

(カレーマン)たしかにノグチさんのカレーを食べるとノグチさんらしい味がするんですよね。うまく口では表現できないけど。何種類か食べたことがあるんですけど、味の方向性が違っていても、ノグチさんらしいカレーってあるんですよね。

(ノグチ)そう、あるんですよね。

(カレーマン)味の方向性とは違う、世界観の違い。完成させようとしているイメージの違い。そういうのを感じるときはありますね。センスといえばセンスなんでしょうが。

(ノグチ)舌で感じて脳で受けて。だから少しずつ味見しながら精度を高めていく。今回のだしカレーもそうだし、味見をしながらふたりでつくったじゃないですか?

(庄野)そうですね。

(ノグチ)それで後からだしを合わせていくなかで、センスがぶつかり合うようにだしができあがったし、カレーができあがった。トータルでカレーマンが見てるし、そのぶつかり合いが今回の商品だと思います。誰がっていうわけじゃなくて、三人の人柄、チームの色が出たような感じでしたね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ