無料の会員登録をすると
お気に入りができます

3.11に見直そう!“いざ”に役立つ「防災対策&グッズ」まとめ

ライフスタイル

備えあれば憂なし!

もうすぐ3月11日。防災グッズの見直しや、万が一の時のことを考えるいい機会です。そこで今回は、“いざ”に役立つ「防災対策&グッズ」をまとめました。

今一度見直したい防災対策、避難用リュックに入れたいもの、非常食の備蓄のコツなどをご紹介。もしものために、今できることを少しずつ始めませんか。

見直そう!防災対策

①防災グッズリストを作る

必要な防災グッズをリストアップ。防災グッズを揃える時にはもちろん、非常食の賞味期限チェックにも役立ちます。また防災グッズの見直しをスムーズに行うために、「やることリスト」も記入しておくと◎。

②「もしもノート」で情報を共有

地震や豪雨などの自然災害だけでなく、家族や自分に何かあった時のために、日頃から情報を共有しておきましょう。緊急連絡先、服用している薬のこと、お金のことなど。

何を書いていいのか分からない...という人は、ダイソーの「もしもノート」がおすすめ。種類もたくさんあり、かかりつけの病院、ペットの世話の仕方、親戚の連絡先など、緊急時に知りたい情報を記録できます。

③貴重品をひとまとめにしておく

何かあった時、避難リュックを背負って逃げる準備はできていても、貴重品や母子手帳など大事なものをかき集める時間はないですよね。日頃から貴重品をひとまとめにしておくと、いざという時も焦らず済むはずです。

④定期的にバッテリー残量を確認する

充電式モバイルバッテリーは、使っていなくても少しずつ放電していて、災害時に使えないこともありえます。定期的にバッテリー残量を確認したり、故障していないか動作のチェックしておきましょう。

記事に関するお問い合わせ