無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夜に読むの禁止!おいしそうな料理が出てくる「お腹が空く本」をご紹介

エンタメ

「飯テロ」な本が大好きなんです

今週も一週間お疲れさまでした!今週の『ロカリ編集部のひとりごと』はキヨが担当します。

食べることが大好きな私は、読書をするときも食べ物が出てくる本を選ぶことが多いんです。おいしそうな描写があると、実際に食べ物を目の前にしたときより「あ〜、食べてみたい!」とワクワクすることもしばしば。みなさんにもこの魅力を伝えたい!ということで、今回は読むだけでお腹が空く、“おいしい本”をご紹介します。

「小説」をピックアップ!

進むべき道を探しているときに『太陽のパスタ、豆のスープ』

www.amazon.co.jp

あらすじ

結婚間近で婚約破棄されてしまった主人公の明日羽。失意の中にいたが、自由人な叔母・六花から「ドリフターズ(やりたいこと)・リスト」を作ってみてはどうかと提案される。楽しそうなこと、やりたいことをひとつずつ叶えていくことにした明日羽は、自分の心と向き合うようになっていく。

『太陽のパスタ、豆のスープ』のここが好き!

明日羽の作る料理は、特別ではないものの、おいしくてホッとするようなもの。「毎日を支える」ご飯の描写が素敵です。タイトルにもあるように、「豆」を調理するシーンも出てきますが、豆ってそんなにおいしいんだ〜と食欲が湧きます。豆を使った料理に馴染みがなくても試してみたくなるはず!明日羽の母の「あすわ、毎日のご飯があなたを助ける。それは間違いのないことよ」という台詞もグッときます。

宮下奈都『太陽のパスタ、豆のスープ』

映画化もされてます『食堂かたつむり』

www.amazon.co.jp

あらすじ

同棲していた恋人が家財道具もろとも忽然と姿を消してしまい、ショックのあまり声も出なくなってしまう主人公の倫子。地元に戻るも、母親と折り合いが悪く、自分にできることは何かと考える。そこで長年の夢であった食堂を開くことを決意。それは一日一組のお客様だけに丁寧に作った料理を提供する、決まったメニューのない食堂だった。

『食堂かたつむり』のここが好き!

倫子が作る料理はどれも丁寧。「こんなに手間暇がかかっていて、思いやりに溢れる料理、おいしくないわけがない!」と、どれも食べてみたくなります。特に、愛する人を亡くしてからずっと喪に服している「お妾さん」がもう一度人生を楽しめるように考えた、刺激的なコースは垂涎もの!「牡蠣と、甘鯛のカルパッチョ」「比内地鶏を丸ごと一羽焼酎で煮込んだサムゲタンスープ」「新米を使ったカラスミのリゾット」など、メニューを見るだけで食欲が湧いてきます。

小川糸『食堂かたつむり』
記事に関するお問い合わせ