無料の会員登録をすると
お気に入りができます

わが子へすぐにイライラしてしまう…。子育て中の人こそ「マインドフルネス」が必要なワケ

子育て

わが子のことはかわいくて仕方ないけれど、子育て中はいつでもニコニコしていられるわけではありません。イライラしたりため息をついたりして、そのうち自分を責めるような気持ちになっていたら、それは頑張りすぎているサインかもしれません。そこでマインドフルネスのスペシャリスト田中えりさんに、“肩の力を抜いて生きていけるコツ”を教えてもらいました。

お話を伺ったのは……田中えりさん

マインドフルネス瞑想講師・ヨガ講師。MELON インストラクター。名古屋市生まれ。30代後半に病気になったのをきっかけにヨガ、瞑想、東洋医学を学ぶ。子育て中の親向けに定期クラスや講座・ワークショップを行うほか、団体や行政のイベントを担当。現在は、マインドフルネスサロン MELONのインストラクターの一人としてクラスを担当するなど、心と体の「ととのえかた」を伝えている。

『イライラ・モヤモヤが消える ママの心のゆるめかた』

イライラ・モヤモヤが消える ママの心のゆるめかた

著者:田中えり
価格:1,540円

家族のことばかりではなく、自分にも目を向けていますか?

最近耳にする機会が増えた「マインドフルネス」。心のトレーニングとして私たちの日常生活に浸透してきています。しかし、まだ「マインドフルネス」がどういうものかわからないという方も中にはいると思います。そこでまずは、マインドフルネスの基本について田中さんに伺いました。

stock.adobe.com

――田中さんはマインドフルネスの講師として瞑想やヨガも多くの方に教えていると思いますが、改めて「マインドフルネス」について教えてください。

田中えりさん(以下、田中さん):マインドフルネスと聞くと「ちょっと難しそうだし、私には関係ないわ」と思う方もいるかと思いますが、そんなことはありません。実は私たちは自分の「過去」や「未来」には気づけているのに「今」の状態を知ることがとても苦手なんです。過去や未来しか見ていないとネガティブになることもあるので、自分に「今、何を感じているの?」と自問し、自分の状態に気づくことをマインドフルネスといいます。

――「今」の自分に気づくと、どんなメリットがあるのですか?

田中さん:自分の今の状態に気づくことで焦りやイライラなどのストレスを手放せ、自分の感情とうまく付き合っていけるようになります。だからこそ、子育て中のお母さんたちに実践してもらいたいなと思います。

――田中さん自身は、マインドフルネスに出会う前と出会った後ではどんな変化があったのですか?

田中さん:私もマインドフルネスを知る前は頭の中であることないこと、いろいろ考え過ぎている状態でした。結局、自分でストレスをどんどん作ってしまっていたんですね。体調も優れなくなってしまっていたところ、ヨガの教室でマインドフルネスに出会い、そこから「今」の自分に目を向けることができるようになりました。
これまでは考えすぎて自分の中で事を大きくしていたことに気付いたのが大きな変化です。現実と頭の中の考えをしっかり分けることでストレスからも解放され、マインドフルネスがストレスを和らげてくれるのだと実感しました。

――マインドフルネスは毎日行ったほうがいいのですか?

田中さん:脳科学の研究結果によると、短時間でも毎日続けたほうが効果的だということがわかっています。植物にまとめてお水をあげるよりも、毎日少しずつあげたほうが元気に成長すると思います。このことと同じように、5分でもいいので毎日続けることに意味があるんですよ。

「息」は自分の心とつながっている!

stock.adobe.com
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ