無料の会員登録をすると
お気に入りができます

朝はチンして詰めるだけ♡お弁当派のお寝坊さんに捧ぐ「小分けおかず」ベスト7

気を付けてはいるものの、ついつい寝坊してしまうことってありますよね。そんなときのお弁当作りは焦るもの。「小分けおかず」で保険をかけておきませんか?パパッとレンジで作れるおかずから、長期冷凍保存できるレシピまでご紹介します。

2019年2月
レシピ

寝坊した!お弁当どうしよう!?

時間に追われがちな朝は、なかなかお弁当に時間をかけられないのが悩みの種。さらに寝坊してしまうともう大変! 急いでお弁当を詰めている時に「最初から小分けのおかずなら楽なのに!」と思うことありませんか?

yukiyo ¨̮ on Instagram: “2019.1.21* ・ 今日のお弁当&朝ごはん ・ 出汁ふりかけ、ゆかりおむすび 味玉 鯖味噌 油菜と青梗菜お揚げ出汁炒め 舞茸炒め 人参甘酢炒め 里芋ごま煮 または 紫キャベツピクルス ・ ・ ・ 朝ごはんはキャベツ山盛りホットサンド トマトジュース…”
instagram.com

今回は、そんなときにもってこいの「お弁当用小分けおかず」をご紹介。作り置きできるものがほとんどなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

お弁当作りが楽に♡小分けレシピ7選

①ブロッコリーの照り焼きミートボール

instagram.com

ゴロッと丸ごとブロッコリーが入った、萌え断ミートボールのレシピです。半分にカットすればグリーン鮮やかな春おかずが一品完成。冷凍で2週間保存できるので、週末に作っておけば長く活躍してくれますよ。

ブロッコリーの照り焼きミートボール

②ヤングコーンのお花肉巻き

instagram.com

ヤングコーンとスナップエンドウを芯にした肉巻きは、シャキッとした食感も楽しい逸品。クルクル巻いていくだけなので、お弁当初心者さんでも失敗しにくいレシピです。コクのあるバーベキューソースでご飯がモリモリ進みますよ。

ヤングコーンのお花肉巻き

③プチマカロニグラタン

oceans-nadia.com

お弁当の定番「ミニグラタン」がおうちで作れちゃうレシピです。具はツナとコーンを使えば炒める必要はナシ。ホワイトソースもレンジでパパッと作れます。朝はトースターでチンだけしてお弁当箱に入れちゃいましょう!

プチマカロニグラタン

④ポークカレーおにぎりおかず

instagram.com

手が込んだ「おかずおにぎり」も、冷凍作り置きを駆使すれば時短おかずに大変身。小分けにしてあるので、1日1個から作れます。お弁当箱を汚さずカレーが楽しめるなんて画期的ですね!

ポークカレーおにぎりおかず

⑤コロコロスイートポテト

oceans-nadia.com

さつまいもとバニラアイスで作る、コロンとかわいいスイートポテトのレシピです。ひと口サイズなので、ちょっとお弁当に甘いものが欲しいときにぴったり。プロ並みの味をお弁当で堪能しちゃいましょう。

コロコロスイートポテト

⑥和風きのこパスタ

instagram.com

フライパンひとつで作れる冷凍パスタのレシピです。水から蒸し煮にすることで生まれる、モチっとした食感がおいしさのポイント。シンプルな味付けなので、和洋中どんなお弁当にもベストマッチです。

和風きのこパスタ

⑦レンジで簡単ミートボール

instagram.com

レンジで作る時短ミートボールのレシピです。タレに絡めて火を通すので、中まで味しみしみ。冷めてもおいしく食べられます。テリッとおいしそうで、お昼が待ち遠しくなっちゃいそうですね。

レンジで簡単ミートボール

もう寝坊しても焦らない♡

yukiyo ¨̮ on Instagram: “2019.1.25* ・ 今日のお弁当 ・ 梅の実ひじき、ごま塩、ゆかりおむすび ネギとアミエビ入り玉子焼き ハンバーグ 粉ふきいも 人参グラッセ 菜の花ごま和え 私のは小松菜お揚げ焼きびたし ・ ・ 10代から20代 毎日一緒に遊んでいたようなバイク友達と…”
instagram.com

チンして入れるだけの小分けおかずは、お寝坊さんの強い味方。おいしい小分けレシピで、ぜひお弁当作りを楽しんでくださいね。

冷凍保存オールOK!朝の時短が叶う「お弁当用作り置きおかず」8選

毎日大変なお弁当作り…冷凍おかずがストックしてあれば楽ちんだと思いませんか?今回は、そんな朝の時短が叶う「お弁当用の作り置きおかず」をご紹介。2週間~最長1ヵ月保存できるレシピ達で、充実したお弁当を目指しましょう!
38476

お弁当に大助かり♡2~3日保存できる「ご飯がススム常備菜」&保存テク

毎朝のお弁当作り…「前はもっと楽しく作れたのに」なんて思うことありませんか?今回は、モチベ回復におすすめな「ご飯がススム常備菜」と「保存テク」をご紹介。明日から使えるレシピとテクで、お弁当作りの楽しさを取り戻しましょう!
15762
記事に関するお問い合わせ