無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ヨガスタジオに行けない日はどんなトレーニングをすべき?人気ヨガティーチャーの回答

健康のため、スポーツのために必要な「筋肉」だけれど、ヨガにはどれほど大切なの? 読者から寄せられたヨガと筋肉にまつわる素朴な疑問を、ふたりの先生にぶつけてみました! 今回のテーマは、「スタジオに行けない日のトレーニング」。立位、アームバランス、後屈、逆転、座位の5種目をバランスよく行いましょう。

ヨガジャーナル日本版編集部

ヘルスケア

立位の場合:壁を使ったハイランジで下半身を鍛える

立位では主に下半身を鍛えましょう。後ろ足を壁につけたハイランジなら、両脚同時に鍛えられるので、効率よくトレーニングできます。

ハイランジ

HOW TO

壁の前に立ち右脚を大きく前へ一歩。前脚の膝は90度、後ろ足は壁を押す。5呼吸キープ×3セット。反対側も同様に。

photo by Shoko Matsuhashi

アームバランスの場合:チャトランガのアレンジで上半身強化

アームバランスのトレーニングにはチャトランガダンダーサナが最適。ブロックを使って腕の負荷を軽くすると回数をこなせます。

チャトランガダンダーサナ
ブロック

HOW TO

ブロックを骨盤の下に置いて腕立て伏せの姿勢に。ブロックに体重を預けながら、腕を90度に曲げる。5呼吸キープ×3セット。

photo by Shoko Matsuhashi

photo by Shoko Matsuhashi

後屈の場合:マカラーサナで背面全体を鍛える

後屈では、背面全体を鍛えましょう。上半身と下半身を均等に持ち上げることで、バランスよく鍛えられます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ