無料の会員登録をすると
お気に入りができます

おうちヨガで冬のぽっこりお腹を解消!簡単2つのヨガワーク

お腹のたるみ、ぽっこりお腹で特に悩む、冬の時期...。この時期は、寒くて体を動かすのもおっくうになり運動不足になりがち。さらに高カロリーのものを食べる機会も多くなるので、必要以上にカロリーを摂取してしまい、 太りやすくなりますよね。「冬はお洋服などで隠せば大丈夫!!」なんて思ってしまいますが…暖かい季節になると、どんどん薄着になりますので、そうはいきません!夏は水着も素敵に着たいですし、暖かい季節になる前になんとかしたいですよね。そこで、ぽっこりお腹を解消する2つのポーズを紹介します!

中村優希

ヘルスケア

冬は夏よりも基礎代謝が上がる

基礎代謝とは、人が生きていくうえで欠かすことのできない生命活動に必要なエネルギー代謝で、例えば、心臓を動かしたり、消化活動のために胃を動かしたり、体温を維持するためのエネルギー活動など、何もしていなくても消費するエネルギーです。

冬は気温が下がるため、体温を維持するために夏よりもエネルギー量が必要となり、この基礎代謝がぐっと上がるのです。ということは、基礎代謝が上がる冬こそ体を動かすことで効果が出やすく、ぽっこりお腹にさよならできるんです。今回は、簡単にトライできる、お腹まわりのシェイプアップに有効な、2つのおすすめヨガワークを紹介します。

1.ねじりのポーズ

主な効果

・お腹の引き締め
・内臓の不調、便秘の解消
・腰痛、背中の疲れ、全身の疲れを緩和

HOW TO

1.まずは長座の姿勢になります。

長座の姿勢に

2.右足を立てて、伸ばしている左脚の膝辺りにセットします。この時、腰が丸まってしまう人はお尻の下にブランケットやタオルなどを敷いて腰がまっすぐ立つ姿勢を作ってください。

ブランケット

腰が丸まる人は、ブランケットを敷きます

3.右手をお尻の後ろにセットして左手は足の外側にかけましょう。

右手をお尻の後ろに

4.息を吸いながら背筋を伸ばし腰をしっかり立てましょう。 吐く息で右側に体を回旋させます。

筋を伸ばしましょう

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ