無料の会員登録をすると
お気に入りができます

上級ポーズ「極楽鳥のポーズ」に挑戦しよう|股関節の可動域を広げるワークとポーズ完成までのプロセス

美容

「極楽鳥のポーズ」といえば、股関節の可動域が求められる上級アーサナ。かつては「股関節が頑固に硬かった」というヤスシ先生に教わったほぐしワークと合わせて、極楽鳥のポーズ完成までのプロセスを追います。憧れポーズにチャレンジ!

ヨガジャーナル日本版編集部

極楽鳥のポーズとは

スヴァルガドヴィジャーサナ/Photo by Shoko Matsuhashi(PPI)

一本足で立ち、もう片方の足を引き上げるポーズ。股関節や内転筋の柔軟性が求められます。

股関節の可動域を広げるワークをチェック!

股関節の硬さをやわらげるには、まず全身の筋肉をゆるめることが大切。気持ちよくほぐれたら、 次に股関節まわりの筋肉を伸ばし、メインワークの動きを深める準備をしましょう。

股関節まわりをゆるめるウォーミングアップ
脚を外へ開くためのワーク
脚を前へ曲げるためのワーク
脚を回すためのワーク

ページまでのワークで股関節を無理なく動かせるようになったら、難度の高いポーズへ。完成形にこだわりすぎず、今の股関節の動きを確かめながらチャレンジしましょう。

まずはプレポーズから!股関節の可動域を広げるワークを生かして股間節の開きを促す

股関節の可動域が広がり、ハムストリングの柔軟性が増すと、体の横で脚を上げる動きがスムーズにできるようになります。骨盤を立たせ、お腹を引き上げながらポーズをキープ!

HOW TO

両足を揃えて立ち、右膝を曲げお腹に引き寄せる。右足の親指を右手の人差し指と中指でつかみ、前方へ脚を伸ばす。股関節を正面に向けたまま、右に脚を開く。

ウッティターハスタパーダングシュターサナ/Photo by Shoko Matsuhashi

体が硬い人はタオルやベルトを使ってみよう

ベルト

膝を伸ばすのが難しい場合は膝を曲げ、足裏の母指球のあたりにタオルやベルトをかけ、上げられるところまで脚を上げて。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ