無料の会員登録をすると
お気に入りができます

Apple? Amazon? いや、docomo? 現代版最強のレンタルビデオショップはどれだ!?

ライフスタイル

画面中央上に映った客船を拡大してみると、4Kの画質の美しさがよくわかります。

リモコンは“テキスト”ではなく“音声”入力が重要です

[STBを選ぶときのポイント③]:
音声入力が快適にできるか

リモコンの操作にクセがありテキスト入力がしづらいSTBでは、「③操作の快適度」は音声入力がどれだけ実用的かに左右されます。

音声入力が優秀ならタイトルを直接検索できるのはもちろん、出演者やジャンルなどで絞り込みを行い、自分が興味をもちそうな動画を見つけることができます。

たとえばApple TVは「プライム・ビデオでキャストアウェイを再生して」というように、タイトルだけでなくサービスも指定して動画を呼び出せるので、テキスト入力するよりも圧倒的にラクになりました。

音声入力の実用度が分かれ道です。Apple TVは音声で動画のタイトルとアプリを指定すれば、動画の詳細が表示されます。

あとは再生ボタンを押せば指定のアプリで再生できるので、操作がとても快適です。

一方で、テキスト入力はクセがあるため操作に慣れが必要です。Apple TVの場合は…

テキスト入力の場合は「あ」を長押しすると「い~お」が表示される独特の操作になるため、慣れるのに時間がかかります。

一方、Apple TV以外のSTBは…

1文字ずつカーソルで入力するスタイルです。わかりやすいですが入力に時間がかかります。

使い勝手に大きな差がアリ説明書いらずはココが違う

「①コンテンツの充実度」「②動作の快適度」「③操作の快適度」ほどではありませんが、重要なチェックポイントがさらに3つあります。

[STBを選ぶときのポイント④]:
ホーム画面がわかりやすいか

「④ホーム画面のわかりやすさ」は、電源を入れてから目的の動画を再生するまでの時間に直結します。

ホーム画面がわかりやすいといえば、やはりApple TVです。インストールしたアプリのアイコンが並ぶだけというシンプルなインターフェースはiPhoneと同様で、説明書がなくても直感的に使い方がわかるほど。

アプリ数が増えると縦方向にスクロールする必要が出てきますが、これもフォルダーを作成して同種のアプリを1ヵ所にまとめるという対策が用意されています。

アイコンのサイズが大きく配置にゆとりがあるのは、Android TVのホームとは正反対です。

見たい動画がすぐ再生できることが大事です

アプリのアイコンが並ぶApple TVは、使い方がわかりやすいホームの代表。これに比べるとほかのSTBはアイコン配置の自由度が低めでした。

アイコンの並び替えが自由にできるうえ、アイコンを重ねるとフォルダーでまとめることもできます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ