無料の会員登録をすると
お気に入りができます

体幹の基盤を効率的に鍛えよう|腹斜筋と腹筋群に効かせる方法

美容

筋力を鍛えたいなら、やみくもに行うのでなく集中的に効率よく行うのがおすすめ。筋力不足が解消されると、もっとヨガのポーズが取りやすくなります。理学療法士でヨガインストラクターの中村尚人先生に、内臓を守り体を支える「腹筋群」と、体幹を支えひねりや曲げに関わる「腹斜筋」を鍛えるメソッドを教えてもらいました。体幹が弱いと、動きをコントロールできません。ダイナミックなポーズが苦手な人はお腹をしっかり鍛えましょう!

ヨガジャーナル日本版編集部

やり方

1.体側を下にして横になり、上半身は起こして肘で支える。上側の足をクロスして前へ。上側の手は腰におく。

photo by IKKEN

2.前腕で床を押すと同時に脇腹を意識して腰を持ち上げる。体が弓なりになるくらい腰を上げるのが理想。反対側も。

photo by IKKEN

腰が落ちないように

腰が落ちないよう注意。前かがみにならないよう、真っすぐ腰を持ち上げて。

photo by IKKEN

教えてくれたのは…中村尚人先生
理学療法士、ヨガインストラクター。医療とボディワークの融合、予防医学の確立を目指し活動、「TAKT EIGHT」、「UPRIGHT」主宰。近著に『腹筋革命』(飛鳥新社)がある。

TAKT EIGHT
UPRIGHT
腹筋革命

モデル…AVIさん
大阪府生まれ。女性誌や広告、ショーなどで活躍し、ヨガ講師資格のRYT500も取得。3年前から海外に移住し、現在も日本と海外でモデル活動を行う。イラストレーターとしても活躍中。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ