無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夢を実現する力を身につけよう|カトナーヨガ16のポーズ

美容

もっと○○が欲しい(あるいはもっと××を減らしたい)と考え、夢を実現させるために何をすべきか考える人も多いだろう。そのための行動を継続して成功させるには、持続性と実力を兼ね備えていなければならない。カトナーヨガが力を発揮するのはまさにここだ。経験豊富なヨガ指導者、ネヴィン・ミシャーンによって考案されたカトナーヨガのシークエンスに挑戦しよう。

人生をさらに豊かにする16のポーズ

カトナーヨガでは、道教の原理と漢方医学を取り入れ、神聖な形状を体のさまざまな腺や内臓と関連づけている。カトナーヨガが目指すもののひとつは、自分自身を自分の体に「ぴったり収める」ことによって、安定感を高めることだ。たとえば、右足を前に出し、両手を右足の横に下ろすローランジでは、右膝が右脇の下にぴったり収まっていることが求められる。こうすると、しっかり根を下ろすことができて、バランスよく感じると同時に、軽さも感じられるようになる。私はほぼ毎朝、次のシークエンスを行っている。安定して落ち着いた場所から一日を始めると、自分の周囲で起きることをしっかり観察することができる。自分がどこに行きたいか理解して、そこにたどりつくための最善の方法を見つけ出すことができるのだ。

ローランジ
シークエンス

1.ウッターナーサナ(立位前屈のバリエーション)

マットの先端に立って前屈し、胸郭が太腿に触れるように膝を曲げる。かかとがマットに沈みがちな人は、指の付け根にもっと体重をかけよう。足の指を広げて伸ばし、大地とのつながりを鮮明に感じよう。肘を反対の手のひらに「ぴったり収める」。頭と首をぶら下げる。

Photo by Paul Miller

2.アドームカシュヴァーナーサナ(ダウンドッグのバリエーション)

手を床につき、膝をさらに曲げる。坐骨を空に向かって引き上げ、足を後方に歩かせてダウンドッグに入る。膝を再び曲げ、坐骨を引き上げて、腰に波のような動きを感じよう。こうすると、さらに大きなエネルギーを動かすことができるようになる。ここでひと呼吸したら、背中を屈曲させたまま、足の指の付け根から体を動かしてプランクポーズに移る。ダウンドッグとプランクポーズを交互に10回行う。

ダウンドッグ

Photo by Paul Miller

Photo by Paul Miller

3.マルジャリャーサナ & ビティラーサナ(キャット&カウのバリエーション)

猫のポーズ
牛のポーズ

Photo by Paul Miller

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ