無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[ヨガポーズの豆知識]「苦しい」から苦手...後屈ポーズが楽になる・深まるコツ

美容

・太腿は平行に保つ
・足でしっかり踏む

POSE③:ラクダのポーズ

腸腰筋と内転筋を働かせ背骨の安定感をサポート
ラクダのポーズで恥骨を膝より前に押し出してしまうと腰が鋭角に反りすぎてNG。背骨を安全にしならせるには、それをサポートする腸腰筋と内転筋を使えるとベスト。内腿にブロックを挟んだラクダのポーズで鍛えます。

ブロック

膝立ちで内腿にブロックを挟み、両腿を内側に寄せる意識を。両手を仙骨に当てて、肘はなるべく中心に寄せておく。

ブロック

photo by Shoko Matsuhashi

膝の真上に恥骨をキープして、仙骨においた両手を押し下げる×胸の中心を引き上げる、の上下両方向に伸びながら自然に上体を反る。

3〜5呼吸/photo by Shoko Matsuhashi

POINT
ストローの蛇腹=背骨の縮みを引っ張り伸ばすように、両手で仙骨を押し下げる。

photo by Shoko Matsuhashi

完成
内腿を締めて骨盤を膝の真上に固定。椎骨の間を広げるように背骨を上下に伸ばしながら、下から順番に後屈する。首は最後に後方へ。

photo by Shoko Matsuhashi

・背骨を伸ばしてから反る
・内腿を寄せる

POSE④:弓のポーズ

脚を蹴り込む力を養いしなやかな弓なりに
弓のポーズを快適にとるには、肩や胸の柔軟性、お腹や脚の力などを総動員させますが、特に足首を手で掴んだあと、脚を蹴る力がポイントに。ブランケットのサポートを借りた弓のポーズで、意識的に脚を蹴り込む感覚を養いましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ