無料の会員登録をすると
お気に入りができます

梅雨バテしてない?梅雨を元気に過ごすための漢方ケアは?

ライフスタイル

梅雨の時期は体調を崩しやすい?!

オーダーメイド漢方YOJO薬剤師の道川佳苗です。梅雨に入って、体が重だるい、だるくてやる気が出ないという人もいるのではないでしょうか?梅雨の時期は、気圧の変化が大きく湿気も多いので、自律神経のバランスが乱れて胃腸の働きが低下しやすくなります。

pixta.jp

胃腸の働きが低下すると、消化不良による胃もたれ、下痢、便秘などの胃腸の不調を始め、水分代謝も低下するのでむくみの症状なども出やすくなります。体がむくむと、体が重だるく疲れを感じやすくもなります。

かかりつけオンライン薬局「YOJO」のHPはこちら

こんな症状は梅雨バテかも?!

こんな症状はありませんか?

「体が重だるい、食欲がない、下痢または便秘がある、むくみやすい、手足が冷えやすい、何をやるにもおっくうでやる気が出ない」

pixta.jp

これらは主に胃腸の機能が低下していることが原因で起こります。梅雨特有の湿気が多い気候と、この時期は蒸し暑いので冷たいものを摂りすぎることにより胃腸が冷えることが主な原因です。

pixta.jp

梅雨バテの症状は大きく分けて、体に余分な水分が溜まりやすい体質である「水滞(すいたい)タイプ」と胃腸が弱い体質である「気虚(ききょ)タイプ」に起こりやすいと考えられます。もちろん、どちらかのタイプだけでなく、両方にのタイプが組み合わさっている場合も多くあります。

水滞タイプ

余分な水が溜まっていることが原因

pixta.jp

足や手などがむくみやすい、手足が冷えやすい、冷たいものを摂ると下痢をしやすいなどの症状がある人は、水分代謝が悪く余分な水分が体に溜まっている体質である場合が多いです。このタイプの人は、梅雨の時期は体が重だるく感じることが多く、疲れやすくなります。

改善策は?

pixta.jp

余分な水分を排出してくれる食材を摂りましょう。薬膳では昆布、アスパラガス、なす、レタス、とうもろこしなどがおすすめです。その他には、カリウムを豊富に含む野菜や果物も積極的に摂りましょう。また、散歩などの適度な運動で汗をかいて発散させることも水の巡りを良くするためには効果的です。

記事に関するお問い合わせ