無料の会員登録をすると
お気に入りができます

トラウマを抱えた人を救う8つのヨガポーズ|トラウマ経験を活かして人を助ける

トラウマ・サバイバー(トラウマを残り得た人々)であり、ヨギでもあるブリタニー・パイパーとエム・ギーヴスが8つの癒しのポーズを教えてくれる。

ヨガジャーナルアメリカ版

美容

トラウマ・サバイバーを救う8つのポーズ

ブリタニー・パイパーとエム・ギーヴスは彼女たちが9歳の時に出会い、出会った当初からまるで姉妹のような感覚を覚えました。ほぼ毎週お泊まり会をしたり、服の貸し借りをしたり、夜遅くまで電話でおしゃべりをしたり、こっそり家を抜けて会ったりしました。

そして高校一年生の時、ブリタニーの兄、ドミニクが交通事故で亡くなりました。「両親が私のことを起こしにきて、ドム(ドミニク)が交通事故に巻き込まれてしまい、ブリタニーがとにかく私に会いたがっていると言いにきました」とエムは述べました。「車に乗り込み、ブリタニーの家に向かう途中、両親はその経緯を話してくれました。彼女の家へ向かい角を曲がると、私は車から急いで降りて、彼女の家へと全速力で走り、ドアへと駆け込みました。ブリタニーはソファの上に丸く倒れ込み、私のことを見た途端、腕を広げてきました」しかし、友情はねじれ始め、ついに距離をおくようになりました。

しかしドミニクが亡くなって5年目の日に偶然の再会を果たします。そして離れていた数年間に起った良いこと、悪いこと、たくさんの話を共有しました。お互いに性的暴行を経験し、心理的トラウマを抱えていたことを知りました。またそれぞれ異なった方法でその悩みを消化してきたことも知ったのです。二人の再会はお互いを深く癒し、また癒しにはそれぞれ独自の方法があるということを二人とも理解したのです。

数年後、エムとブリタニーはまるで子供のように一緒の時間を過ごしました。また、トラウマ・サバイバーたちが心の奥底から癒される場所を提供するため、女性のためのリトリート「On The Mend」を立ち上げました。「このリトリートを立ち上げて、女性たちがコミュニティの中で回復できればいいなと思ったの」とブリタニーは述べます。

リトリート

次のリトリートはカリフォルニア州アイディルワイルドで3月28日〜31日に行われます。詳しい情報についてはこちらをクリックしてください。20%のディスカウント・スカラーシップに申し込むことができます(2月18日締め切り)。もしこのリトリートに参加できない場合には、これから紹介するポーズのうち1つでも2つでも試してください。これらのポーズはリトリートの中でも指導されています。「これらのポーズの一つ一つはレベルやバリエーションが異なります。実践するプラクティショナーたちが安全で快適で行えるようデザインされています」とエムは言います。

リトリート
こちら
リトリート

1.子供のポーズ

両ひざをマットの幅に広げて、両ひざと足の親指をマットにつけ、両腕をグッと上に伸ばす。両かかとの上にお尻を乗せ、おでこはマットにつける。体の両側面へ運ぶように息を吸う−肋骨と腰の間にスペースを作る。息を吐くたび、お腹と胸をマットにより近づけるように落としていく。「休息のポーズなので体を元気にしてくれると思います。このポーズをとると、今この瞬間に気持ちを戻すことができるんです」とエムは述べる。

子供のポーズ/YJ US

2.伸びをする子犬のポーズ

テーブルトップポジションから、両手を前に歩かせ、お尻は膝の上でキープする。おでこ(または あご)をマットにつけて、前腕と手を下に向けて押し付けておくことで、両腕は自由な状態にしておく。息を吸いながら背面を広げ、息を吐きながら、胸をマットへと近づける。「このポーズは両肩に緊張感が走るので簡単ではありませんが、肩をしっかり開いてくれます」とエムは語る。

伸びをする子犬のポーズ/YJ US

3.下向きの犬のポーズ

両ひざを軽く曲げ、尾骨を天井に向かって引き上げ、背骨を伸ばす。肩甲骨を背中に押し広げ、天井へと向ける。そして手、指関節、指先をマットに押し付ける。マットの中央を見つめている間、首は真ん中に置く。息を吸いながら、体を離すように地面を押す。吐く息でかかとがマットに近づくようにする。「このポーズもまた休息のポーズです。私はこれをするとホッとします。呼吸をゆっくり整え、安静状態へと導いてくれるのです」とエムは言う。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ