無料の会員登録をすると
お気に入りができます

前屈が深まる!理学療法士に教わる「腸腰筋」を鍛えるヨガワーク2つ

ビューティ

腸腰筋とは|どこにある?どんな動きに作用する?

背骨から大腿骨についている筋肉で、股関節を曲げ、骨盤を立てる働きをしています。前屈ポーズで脚とお腹を引き寄せる力は腸腰筋です。弱いと腰が丸まり、深い前屈ができません。

Illustration by Misako Nakagawa

腸腰筋を使う上級ポーズ

スヴァルガドヴィジャーサナ/Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

腸腰筋を鍛えるワーク1:頭頂を伸ばして骨盤を立てる

ウパヴィシュタコーナーサナのアレンジポーズで腸腰筋を鍛えましょう。いきなり深い前屈をつくるのではなく、まずは腸腰筋の力でお腹と太腿を確実に引き寄せる練習から。腰が丸まらず、骨盤が立った状態が保てたらOK。

この筋肉を使うポーズ、ウパヴィシュタコーナーサナ/Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

HOW TO

①膝を曲げて座り、両手は体の後ろにおいて体を支える。手で床を押して骨盤を立てる。坐骨で床を押し、頭頂を真っすぐ上へ伸ばす。

Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

②片足ずつ床から浮かす。高く上げなくていいので、鼠蹊部を引き込み骨盤が倒れないようにキープ。最後に両手を離して前へ伸ばす。30秒キープ

鼠蹊部

POINT:お腹を引き上げて頭頂を伸ばし、視線を遠くへ。

Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ