無料の会員登録をすると
お気に入りができます

バランスの取れた強い体幹へ|3つの腹筋群を鍛える方法

美容

ヨガのポーズをきちんと決めるには腹筋が必要。でも「腹筋を効果的に鍛えるにはどうしたらいいの?」という人も多いはず。実は、いつものヨガのポーズにアレンジを加えれば、腹筋のトレーニングになるんです!

ヨガジャーナル日本版編集部

ヨガに必要な3つの腹筋は呼吸に合わせて鍛えよう

「腹筋女子」という言葉が流行っている昨今。確かにヨガでもポーズを安定させたり、体幹を整えたりするのに腹筋は必要です。

体幹

「いわゆる〝腹筋〞を構成するのは大きく分けると腹直筋、腹横筋、腹斜筋の3つの筋肉。でも仰向けになって上体を起こす一般的な腹筋運動は、腹直筋の上部が主に鍛えられるだけ。そのほかの腹筋を鍛えるには、もう少し工夫が必要です」と、鈴木先生。

先生によれば、いつものヨガポーズにアレンジを加えるだけで、3つの腹筋に効かせることができるのだとか。「ポイントは呼吸法。効かせたい腹筋に合わせたポーズに呼吸法を組み合わせることで、効率的にトレーニングすることができますよ」

3つの腹筋を鍛えるポーズに必要な呼吸法

腹式呼吸

お腹全体を動かすことで、内臓のマッサージ効果もある。

HOW TO

1.息を吸うときにお腹が膨らむ

photo by IKKEN URAKAWA

2.吐くときにへこませる

photo by IKKEN URAKAWA

胸式呼吸

お腹は膨らませず、胸に息を出し入れする呼吸法。お腹はずっとへこませて引き締めたままなので、体幹の強化につながる。

体幹

HOW TO

1.吸うときに胸を膨らませる。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ