無料の会員登録をすると
お気に入りができます

材料費3000円で10品できる! 超簡単♡一週間作り置きレシピ 〜4月編〜

平日の夕食作りをラクするための週末“作り置き”。でも、材料費や調理時間が意外とかかるのが難点……。そこで今回はメイン5品&サブ5品の計10品をたったの3000円で、しかも短時間で作れるレシピをご紹介します。新年度がスタートして何かと忙しい4月を、作り置きレシピで賢く乗り切りましょう♡ 

撮影/巣山サトル 料理・スタイリング/サイトウレナ 取材・文/濱田恵理

2018年4月
レシピ

作り置きも食費をかけずに時短でしたい!

平日の食事の手間を省くために、週末に作り置きをしている人も多いですよね。でも、せっかくの週末はゆっくり休みたいし、お出かけもしたい。もちろん食費もなるべく抑えたいもの。そこで、なんと材料費3000円で10品も作れ、調理時間はたったの1時間半程度!という驚異のレシピをご紹介します。

3000円で作り置きおかず10品 〜4月編〜

食費を抑えても食べごたえはキープ! 主菜5品

1.ヤンニョムチキン(韓国風の甘辛チキン)
2.ポークストロガノフ 
3.塩鯖のレモン煮
4.手羽元と卵の煮物 
5.鮭フライ

栄養と彩りをプラスする♡ 副菜5品

1.切り干し大根のピリ辛漬
2.ひじきのマリネ
3.豆苗ナムル 
4.たけのこのマヨ炒め
5.コロコロ野菜スープの素 

材料はこれだけ♡ 買い出しリスト

材料費はたった3000円でも、アイデア次第でボリュームのあるおかずは作れるんです。週末1回の買い出しと作り置きでOKだから、時間も節約できますね。そんな賢い買い出しリストはこちら!

材料費3000円で一週間♡買い出しリスト〜4月編〜

4月編の買い出し材料リストはこちら。
1751

簡単なのに彼も喜ぶ♡主菜5品

食べるときは器に盛るだけ、電子レンジで温めるだけ、などと、どれも手間いらずで即「いただきます」が可能♡ 主菜は冷凍可能なものを週の後半に回し、冷蔵のみのものは週の前半に食べるのがおすすめですよ。

主菜1.ヤンニョムチキン(韓国風の甘辛チキン)

冷めてもジューシーだから、お弁当おかずにも!

低カロリー&高たんぱく質、しかもリーズナブルに購入できる鶏むね肉は、作り置き食材にうってつけ。コチュジャンやにんにく、砂糖などを合わせた韓国の合わせだれ“ヤンニョム”でしっかり味付けしているから、冷めても絶品です!

調理時間の目安:約10分
保存期間の目安:冷蔵で約5日、冷凍で約1カ月

ヤンニョムチキン(韓国風の甘辛チキン)の作り方

パサパサしがちな鶏むね肉も、片栗粉をまぶして多めの油で揚げ焼きすることで、しっとりジューシーに仕上がります。合わせだれはフライパンで熱すると、勢いよく飛び散ることもあるので、注意しましょう。 調理時間:約10分 保存期間の目安:冷蔵で5日、冷凍で1カ月
1495

主菜2.ポークストロガノフ

お買い得な食材&身近な調味料で簡単に本格味!

洋食屋さんの人気メニュー・ビーフストロガノフをお手頃価格の豚肉で作ります。デミグラスソースや生クリームがなくても、冷蔵庫に常備してあるような身近な調味料でOKなのもうれしいところ。おしゃれな一品だから、おもてなしにもどうぞ。

調理時間の目安:約15分
保存期間の目安:冷蔵で約3日、冷凍で約1カ月

ポークストロガノフの作り方

冷凍可能だから、たっぷり作るのもおすすめ。牛乳を使うことで、生クリームを使うよりもあっさりした味に仕上がります。しめじはマッシュルームなど、ほかのきのこで代用しても。ごはんやバゲットを添えて召し上がれ♡ 調理時間:約15分 保存期間の目安:冷蔵で約3日、冷凍で約1カ月
1167

主菜3.塩鯖のレモン煮

焼き魚のイメージを覆すおしゃれメニュー

魚の中でも高栄養価&お手頃価格の塩鯖。魚焼きグリルで焼いて食べるだけという人も多いと思いますが、今回はレモンと一緒にサッと煮て、おしゃれな一品に変身させます。青魚特有の臭さはレモンと組み合わせることで解消。黒こしょうの香りもきいています。

調理時間の目安:約10分
保存期間の目安:冷蔵で約5日

塩鯖のレモン煮の作り方

塩鯖はそぎ切りにすることで、火が早く通り、ふっくら柔らかい食感に。また、初めからほどよい塩味がついているので、余計な調味料を入れなくても味が決まります。タイムやセロリなどのハーブ、香味野菜を入れてもGOOD。 調理時間:約10分 保存期間の目安:冷蔵で5日
559

主菜4.手羽元と卵の煮物

こっくりとした色と照りがたまらない♡

安いうえに、煮たり焼いたり揚げたり、いろんな調理が可能な手羽元。作り置きの場合は、保存するほどに味がしみておいしくなる煮物にするのがおすすめです。今回は卵と一緒に煮て、食べ応えも見た目もバッチリの一品に。 

調理時間の目安:約20分
保存期間の目安:冷蔵で約5日

手羽元と卵の煮物の作り方

鍋で手羽元をしっかり焼き付けるので、煮込み時間は短時間でOK。小さめの鍋を使う&スプーンで煮汁を回しかけることで、少ない分量の調味料でもしっかり味が染み込みます。煮汁が半分ほどになったら、完成のサイン。 調理時間:約20分 保存期間の目安:冷蔵で約5日
1242

主菜5.鮭フライ

10分あれば、自宅で揚げたてのフライを楽しめる!

割高なトラウトサーモンを使わなくても、お手頃価格の甘塩鮭でおいしい鮭フライが完成! 衣付けした状態で冷凍さえしておけば、食べるときに解凍不要で揚げるだけ。忙しい平日の夕食にもアツアツのフライを味わえます。

調理時間の目安:約5分 (揚げ時間除く)
保存期間の目安:冷蔵で約3日、冷凍で約1カ月

鮭フライの作り方

バッター液は少し多めの量なので、4、5切れほどまとめて作って冷凍しても。また、揚げ油はフライパンの高さ1㎝ほどの少ない油で揚げ焼きにしてもOKです。タルタルソースに入れる漬物は酢漬け系のものがおすすめ。 調理時間:約5分(揚げ時間除く) 保存期間の目安:冷蔵で約3日、冷凍で約1カ月
277

冷蔵庫にあると便利! 副菜5品

保存のきく副菜が冷蔵庫にいくつかあれば、平日の食事の支度はグッとラクに。食卓に彩りが増し、栄養価も高まります。パパッと作れるものばかりだからぜひお試しを。

副菜1.切り干し大根のピリ辛漬

ちょっとした箸休めにもぴったりな漬物

ストックがきくうえに栄養価の高い乾物も、作り置きにおすすめの食材。なかでも、食物繊維たっぷりな切り干し大根は、女性にとって積極的に食べたいもの。漬物にすれば、日にちが経つほどにおいしさがアップします! 

調理時間:約5分(漬け時間除く)
保存期間の目安:冷蔵で約5日

切り干し大根のピリ辛漬の作り方

コリコリとした食感とピリ辛味で、ごはんのお供にもお酒のアテにも最適。切り干し大根は水に2〜3分浸すだけでOKなのもうれしい! きゅうりからほどよく水分が出るので、調味料の分量が少なめでも全体にしっかり味が回ります。 調理時間:約5分(漬け時間除く) 保存期間の目安:冷蔵で約5日
1106

副菜2.ひじきのマリネ

驚きのおいしさと出会える斬新レシピ

ミネラルやビタミンなどをたっぷり含み、栄養満点のひじきは積極的に食べたい食材のひとつ。とはいえ、毎回煮物にするのでは飽きてしまうもの。そこで今回は洋風のマリネに! 時間が経つとともに味がなじんでおいしくなります。

調理時間の目安:約5分
保存期間の目安:冷蔵で約1週間

ひじきのマリネの作り方

今回は芽ひじきを使用しましたが、長ひじきを使う場合は適度な大きさにカットして。玉ねぎはマリネ液に漬けることで、辛みが程よく抜けるので、冷水にさらしたり、塩揉みしたりする必要なし。コーンを加え、自然な甘みと彩りをプラスして。 調理時間:約5分 保存期間の目安:冷蔵で約1週間
327

副菜3.豆苗ナムル

100円程度のお手頃野菜は家計の味方

一年通して100円前後と価格が安定している豆苗は、自炊派の人にとって重宝する野菜。実はビタミン類が豊富に含まれているなど、栄養面も優秀なんです! 今回はにんにくとごま油で和え、食欲を刺激するナムルに。

調理時間の目安:約5分
保存期間の目安:冷蔵約4日

豆苗ナムルの作り方

トータル5分もあれば、余裕で作れる超スピードメニューです。豆苗は電子レンジの加熱時間を1分と短時間にすることで、シャキシャキとした食感に! 多めのごま油で和えることで、保存がきくようにしています。 調理時間:約5分 保存期間の目安:冷蔵約4日
779

副菜4.たけのこのマヨ炒め

水煮タイプを使って簡単に春の味覚を楽しんで

今の時期は春野菜がたくさん出回る時期。もちろん生のたけのこを使ってもいいですが、水煮を利用すれば下処理要らずでお手軽です! マヨネーズ+めんつゆ+カレー粉のパンチのある味付けは、ごはんがすすむこと請け合い。 

調理時間の目安:約5分
保存期間の目安:冷蔵庫で約5日

たけのこのマヨ炒めの作り方

炒め用の油をしかなくても、マヨネーズの油分でたけのこがおいしく焼けます。マヨネーズ+めんつゆ+カレー粉の組み合わせは、たけのこ以外に夏野菜のズッキーニやパプリカなどとも好相性。ぜひ、お好みの野菜でもお試しを♡  調理時間:約5分 保存期間の目安:冷蔵庫で約5日
253

副菜5.コロコロ野菜スープの素

自家製スープの素は野菜の旨みたっぷり!

野菜の皮を剥き、角切りにし、炒めて……と毎回、一からスープを作るのは面倒。でも、スープの素となる具を作り置きしておけば、旨みたっぷりのスープが即完成します。トマトスープやミルク味のスープなど、アレンジ可能なのも魅力。

調理時間の目安:約10分
保存期間の目安:冷蔵で約2日、冷凍で約1カ月

コロコロ野菜スープの素の作り方

冷蔵庫に余っている野菜を無駄なく活用できるメニュー。スープのベースになるので、味付けは塩・こしょうで至ってシンプルに。冷凍可能だから多めに作っておくのも◎。その場合は1食分ずつラップに包んで冷凍しましょう。 調理時間:約10分 保存期間の目安:冷蔵で約2日、冷凍で約1カ月
474

作り置きは簡単に賢く♡

材料費3000円でメイン+副菜がたっぷり10品の驚きのレシピ。週末に作り置きを作っておけば、平日の夕食作りがぐんとラクに、そして家計に優しいこと間違いなし。早速、次の週末に挑戦してみてくださいね。

教えてくれたのは…

サイトウレナさん

料理家・フードスタイリスト。ウェブや雑誌、広告などでレシピ提案や器のスタイリングなどを行う。東京・赤坂にあるダイニングバー「G-Trip-AKASAKA」のフードコーディネートも担当。趣味は食器集め。

サイトウレナさんのInstagramはこちら
記事に関するお問い合わせ