無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[医師監修]風邪に負けないカラダ作り!自律神経のバランスがカギ「免疫力アップ⤴ヨガ」

美容

コロナに加え、インフルエンザの流行も気がかりな季節。今、ウイルスに負けない体づくりが注目されています。医師であり、ヨガインストラクターの石井先生に免疫力をUPするヨガを教えてもらいました。

後屈+前屈のポーズで自律神経がリセットされる

寝不足が続いたり、疲れがたまったときに風邪をひいた経験はありませんか?不規則な生活は免疫力が落ちる大きな原因です。
「免疫力を上げるためには、自律神経を整えることが欠かせません」と、教えてくれたのは自律神経にくわしい医師であり、ヨガインストラクターの石井正則先生。
「免疫には、細菌やウイルスから体を守ってくれる働きがあります。このうち、細菌と戦うときには交感神経が、ウイルスから体を守るときには副交感神経が関わっています。これらはどちらか片方ではダメで、両方のバランスがとれていることが大事。つまり、免疫力と自律神経には深い関わりがあるのです。しかし自律神経は自分の意思でコントロールすることができません。そこで役立つのが、後屈ポーズと前屈ポーズを組み合わせたヨガなのです」
石井先生の検証実験によると、「後屈のポーズで交感神経が優位になり、前屈のポーズで副交感神経が優位になる」とのこと。
「ここで紹介するポーズを行えば自律神経が整って、風邪に負けない免疫力を手に入れられますよ」

アーサナと自律神経の変化

石井先生による「アーサナと自律神経の変化」の実験結果を表したグラフ。上向きの弓のポーズで交感神経が高まり、座位前屈で交感神経が静まって副交感神経が優位に。シャヴァーサナで副交感神経がさらに優位になることが判明。

アーサナ

アーサナと自律神経の変化

免疫力アップ⤴メソッド

交感神経UP+副交感神経UP+シャヴァーサナがセット

副交感神経を高めるためには、先に交感神経を刺激しておく必要があります。そのため、重要なのは後屈→前屈の順番で行うこと。ここで紹介するポーズを参考に、好きなポーズを組み合わせて最後にシャヴァーサナを加えましょう。

交感神経を高めるポーズ

魚のポーズ(強度★☆☆)

胸を開いて首を伸ばすと交感神経が刺激される
体の前面の筋肉を刺激し、交感神経を高めるポーズ。体を反ると自然に胸式呼吸になりますが、それも交感神経を高めるポイント。胸を大きくふくらませながらゆっくり呼吸を。

HOW TO
①仰向けになり、両足を揃えてかかとを突き出す。両手の甲をお尻の下に敷いて、自然呼吸。

photo by  Shoko Matsuhashi

②息を吸いながら胸を持ち上げ、頭のてっぺんより少し後ろを床につけて、首を伸ばす。ゆっくりと10呼吸。
・おへそを背中のほうに引き寄せるイメージで、下腹を引き込むように力を入れる。
・かかとを突き出してつま先を上に向け、脚裏を伸ばす。

【POINT】胸を持ち上げるときは、肩甲骨を寄せる意識で。胸が大きく開いて、呼吸を深めることができます。

photo by  Shoko Matsuhashi

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ