無料の会員登録をすると
お気に入りができます

インナーマッスルを強化する2つのワーク|体の前面を鍛えよう

ヨガで姿勢が不安定になりやすいのは、体の深層部にあるインナーマッスルが弱いサイン。“骨”を意識しながらゆっくり行うヨガで集中的に鍛えれば、ポーズが快適に決まる体に! 今回は体の前面を鍛えるワークをご紹介。教えてくれたのは、人気ヨガインストラクターの鈴木伸枝先生!

ヨガジャーナル日本版編集部

美容

体の前面のインナーマッスルを鍛える2つのワーク

前屈ポーズで体の前面のインナーマッスルを強化しましょう

ワーク1:パヴァナムクターサナのアレンジ

深い前屈ポーズをキープして、体の前面のインナーマッスルに意識を集中させます。股関節を引き込み、お腹を縮めて前屈したら、全身の骨格に意識を向けて。

HOW TO

1.仰向けになる。肩の力を抜いて両手を体の横におき、手のひらを下に。左膝を曲げ、太腿を体に引き寄せる。

Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

2.まず左側のお尻を床から持ち上げ、次に上体を上げる。膝と顔を近づけ、背中~太腿の骨格に意識を向け、骨格を固定するイメージで30秒キープ。反対側も。

背中~太腿の骨格を意識。股関節を引き込む/Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

STEP UPWORK

1.仰向けになり、両膝を曲げて両手で膝を抱える。

Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

2.お尻を上げてから上体を上げ、膝と顔を近づける。骨格を意識しながら30秒キープ。

Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

ワーク2:ナーヴァーサナ

V字でバランスを保ちながら、ゆっくりと完成形から仰向けになり、お腹&前腿のインナーマッスルを強力に刺激。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ