無料の会員登録をすると
お気に入りができます

全身のインナーマッスルを鍛えるヨガポーズ|ポーズが快適に決まる体を作ろう

ヨガで姿勢が不安定になりやすいのは、体の深層部にあるインナーマッスルが弱いサイン。“骨”を意識しながらゆっくり行うヨガで集中的に鍛えれば、ポーズが快適に決まる体に!今回は全身を鍛えるワークをご紹介。教えてくれたのは、人気ヨガインストラクターの鈴木伸枝先生!

ヨガジャーナル日本版編集部

美容

全身のインナーマッスルを鍛えるワーク

パワフルなポーズで全方位に効かせる!

WORK1:プランクポーズ

腕の力だけに頼り、アライメントが崩れやすいポーズ。体幹を中心に、インナーマッスルを使うことで全身が伸びて安定します。

アライメント
体幹

HOW TO

1.四つん這いになる。肩の真下に手がくるように調整しながら、片脚ずつ後ろに伸ばしていく。

Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

2.膝を床から上げる。肩甲骨を外転させて胸を引き上げ、体を一直線に。全身の骨格に意識を向け、骨格を固めるイメージで30秒キープ。

全身の骨格を意識。肩甲骨を外転。肩からかかとを一直線に/Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

WORK2:キャットスプリット

前後&上下にゆっくり、ダイナミックに動いて全身のインナーマッスルを強化。骨格に意識を向け、骨を動かすイメージでトライ!

HOW TO

1.四つん這いになり、肩の下に手、腰の下に膝をセット。全身の骨格に意識を向ける。

全身の骨格を意識/Photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

2.5秒かけて肩甲骨を外転させて背骨を丸め、左膝と顔を近づけて5秒キープ。次に5秒かけて肩甲骨を内転させて背骨を反り、左脚を後方に上げて5秒キープ。反対側も。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ