無料の会員登録をすると
お気に入りができます

低GIダイエットにもってこい♡「玄米」を使った美味レシピ9選

レシピ

玄米は栄養満点!

ダイエット食品と言われる「玄米」。普段食べている白米と何が違うのでしょう?糖質が低いと思われがちですが、実は糖質自体は白米とそんなに変わりません。低いのは、血糖値の上昇具合を表す“GI値”。

この数値が低いほど、血糖値の上昇が穏やかで太りにくいというデータがあるんです。また、食物繊維やマグネシウム、鉄などのミネラルもタップリ。代謝を促すビタミンB群の含有量も申し分なし!

冷めても美味しくいただけるのも、玄米の良いところ。さらには噛みごたえがある分、少量でも満腹感を得られるという優秀っぷり。今回はそんな優秀な「玄米」の美味しい炊き方と、食べ方をご紹介します!

美味しく炊いてみよう

圧力鍋・炊飯器を使う場合

oceans-nadia.com

玄米は、殻が硬いのでしっかり炊くことが重要です。水の吸収率が高まりふっくらと炊きあげるため、塩を加えるのがポイント。ぬかや胚芽の臭みも取れますよ。炊飯器の方が手軽ですが、もっちり炊きあがるのは圧力鍋です。

圧力鍋・炊飯器で炊いてみる

土鍋を使う場合

oceans-nadia.com

土鍋があれば、ぜひ試してほしい“土鍋炊き”。炊飯中に”びっくり水”を差す「びっくり炊き」は、吸水する時間なしでらふっくらモチモチに炊きあがります。最後に30秒ほど火を強めれば「おこげ」を作ることもできるんです。

土鍋で炊いてみる

玄米を使ったレシピに挑戦!

①鮭と玄米ごはんの焼きおにぎり:15分

oceans-nadia.com

醤油を塗りながら焼いて…という行程が意外に面倒な焼おにぎり。こちらのレシピは、その面倒な工程をカット!あらかじめごはんに醤油を混ぜて作るので楽チン♡表面は香ばしく、中はふっくら仕上がります。

焼おにぎりを作ってみる
記事に関するお問い合わせ